診療科目について

循環器内科

対象疾患

  • 高血圧
  • 不整脈
  • 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)
  • 心不全
  • 弁膜症
  • 心筋症
  • 大動脈疾患(大動脈瘤、大動脈解離)
  • 生活習慣病 等

生活習慣の欧米化に伴い、循環器疾患は増加しています。なかでも多いのは、動脈硬化症による病気です。当科では、虚血性心疾患に対して患者様の身体への負担が少ない、心臓カテーテルによる治療を行っています。また発症予防を重視し、原因となる動脈硬化症評価のための検査や、高脂血症・糖尿病予備軍などの検査や治療も実施しています。

内分泌代謝内科

対象疾患

  • 糖尿病
  • 高脂血症
  • 甲状腺疾患

糖尿病の患者様が圧倒的に多いことから、糖尿病の教育入院や症状の進展、合併症の予防に力を入れています。医師、看護師、管理栄養士、リハビリテーションスタッフ、薬剤師などがチーム体制で生活機能の改善を念頭に、日々の診療を行っています。

消化器内科

対象疾患

  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 胃食道逆流性炎症 等

腹痛、胸やけ、吐き気、嘔吐、嚥下困難、下痢、便秘、吐血、下血、黄疸、食欲不振、体重減少などの症状をきたす、消化器系(食道、胃、腸、肝臓、胆嚢、膵臓)の病気について診療を行っています。また、集団検診や健康診断、人間ドックで消化器系の再検査・精密検査を指示された方々にも対応しています。
さらに、消化器外科とも連携し、上部消化管内視鏡(胃カメラ)、大腸内視鏡、腹部超音波検査、腹部CT、MRI検査などの各種検査も行い、常に安全を心がけ、的確な診断と治療を行います。

神経内科

対象疾患

  • 脳血管障害(脳卒中)
  • パーキンソン病
  • 神経内科疾患全般(脳・脊髄疾患、筋疾患、末梢神経疾患)

脳、脊髄、末梢神経から筋肉までの病気を扱っています。脳、脊髄は脳神経外科あるいは整形外科とも領域が重なります。脳神経外科や整形外科が手術をして治療するのに対し、神経内科は薬物、リハビリテーションなどを駆使して治療を行います。ただし、外科的な治療が必要と判断とした場合には、各診療科と連携し手術を実施します。
ふらつき、めまい、頭痛、歩行が不自由になった、歩行や動作が遅くなった、手が震える、物覚えが極めて悪くなったなどの症状も、神経内科の病気に深く関係します。このような症状があらわれ、病気がご心配な際は当科にご相談ください。

呼吸器内科

対象疾患

  • かぜ(普通感冒)
  • インフルエンザ
  • 呼吸不全
  • 急性気管支炎
  • 慢性気管支炎
  • 肺炎
  • 肺結核
  • 気管支喘息
  • 肺気腫
  • 間質性肺炎(肺線維症)
  • 非結核性抗酸菌症
  • 肺がん 等

非常に種類が多く、発生頻度の高い呼吸器疾患を対象としています。この中でも、慢性咳、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、慢性気管支炎、肺気腫、重症喘息、肺線維症、非結核性抗酸菌症などでは標準的な治療を行っても治療効果が不十分な場合があります。その打開策として、通常の薬剤に加え、患者様の個別性を重視しながら漢方薬を処方しています。
呼吸器疾患の的確な診断と治療、QOL(Quality of Life=生活の質)の改善を心がけた診療を行います。

高齢者総合診療科

老化に伴い、複数の疾患を持つ高齢者の方を総合的に診察しています。総合的に診察することにより、病気の見過ごしや診療科間の処方箋重複を防ぎ、患者様やご家族の複数科受診の負担を軽減して、より豊かな生活を送ることができます。
特に、認知症が疑われる方に対してはもの忘れ外来を設置し、治療の一環として生活環境にも目を配り、自立した生活のためにリハビリテーションを含めた生活指導も行っています。
これまで「年のせい」と思って治療をあきらめていた方にも、積極的な受診をお勧めいたします。

消化器外科・外科

対象疾患

【消化器外科】

  • 消化管・肝・胆・膵の(悪性)腫瘍
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 炎症性腸疾患
  • 胆石症
  • 膵炎
  • 虫垂炎
  • 腸閉塞 等

【外科】

  • 乳腺疾患
  • ヘルニア
  • 痔疾
  • 一般外傷

消化器外科では、専門医によるがんの診断・手術はもちろん、化学療法も積極的に行っています。また、内視鏡による検査(上部・下部内視鏡、ERCP)や治療(内視鏡的な止血術や腫瘍切除術など)も実施しています。
さらに外科では、一般外傷やヘルニア、痔疾の治療のほか、乳腺疾患の診断・手術に対応しています。
地域に密着した当院の外科チームは、「手広く」、「迅速な」対応をはかる一方、日本外科学会認定施設として、「高度な医療の提供」を「わかりやすい説明に基づいて」行うように努めています。

整形外科

対象疾患

  • リウマチ
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎すべり症
  • 腰椎分離症
  • 腰部椎間板ヘルニア
  • スポーツ障害
  • 人工関節手術 等

当科では、骨、関節、靱帯、脊椎、脊髄、末梢神経などの運動器疾患とスポーツによる傷害を取り扱っています。特に、リウマチ、脊椎脊髄疾患、股関節や膝関節の人工関節手術、膝関節鏡手術やスポーツ障害などの治療に対して、専門的な見地から診療にあたっています。
リウマチとは、広義な意味では関節の病気のため、炎症・年齢による関節痛もリウマチに含まれます。関節リウマチは原因が不明だったため、長らく不治の病とされてきましたが、近代の医学の進歩により、治療法も進歩しています。
脊椎脊髄疾患の治療で最も重要なことは、手術適応、すなわち最終的手段である手術によって、患者様目線でみて満足のいく治療効果が得られるか否かを判断することです。レントゲン写真やMRI画像の異常所見が本当に患者様の苦痛や障害の原因であるのか、不安感やストレスなどの心因性要因は関与していないのか、検査所見は当然のこと、悩んで来院された患者様自身を生活環境を含め詳しく診察して評価することが最も重要であると考えています。『手術して治すのではなく、治る患者様を手術する』ことを治療方針として診療しています。対象疾患は、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症、腰部椎間板ヘルニア、頸椎症、頸椎症性脊髄症、頸部椎間板ヘルニア、後縦靱帯骨化症、黄色靱帯骨化症、脊髄腫瘍、脊髄血管障害など、脊椎脊髄疾患すべてを対象にしています。顕微鏡を用いた低侵襲手術にも積極的に取り組んでいます。
また、当院には理学療法士、作業療法士などのリハビリテーションスタッフが在籍しており、術前・術後のリハビリテーションのみならず、健康増進目的のリハビリテーションにも充実した内容で対応しています。患者様の病態に応じたきめ細やかなリハビリテーションをご提供していますので、ぜひご利用ください。

脳神経外科

対象疾患

  • 脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)
  • 頭部外傷
  • 脳腫瘍(髄膜腫、転移性脳腫瘍、下垂体腺腫など)
  • 顔面痙攣
  • 三叉神経痛 等

栃木県県北地域は脳梗塞の多発する地域であるため、当院では保存的治療を含めた早期の入院治療や急性期リハビリテーションに力を注いでいます。脳卒中の急性期の疾患では、1.5テスラMRI、16列マルチスライスCT、DSA、SPECT等の診療機器を駆使して、診断・治療を行っています。また、頭部外傷、脳腫瘍、機能的疾患の外科的治療のほか、脳ドックによる脳疾患の早期発見と予防にも取り組んでいます。
今後も、国際医療福祉大学病院や他の施設とも連携し、安全性の高い先進医療を地域の皆様に提供してまいります。

眼科

対象疾患

  • 眼科全般

現在、当科では白内障手術のみ行っています。網膜剥離や糖尿病網膜症、硝子体出血など、手術が必要とされる場合には、大学病院等へ紹介しています。
レーザー治療は、糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症などに対する網膜光凝固術、狭隅角眼や急性の緑内障発作に対するレーザー虹彩切開術が可能です。
患者様にできるだけわかりやすい説明を心がけ、「かかってよかった」と思っていただけるよう、日々の診療にあたっています。

耳鼻咽喉科

対象疾患

  • 中耳炎
  • 外耳炎
  • 鼻のアレルギー疾患
  • 副鼻腔炎
  • 声帯炎
  • めまい 等

耳・鼻・のどに関する疾患を対象に診療を行っています。専門外来としては、頭頸部外来、アレルギー外来、補聴器外来、学童外来を予約制で行っています。

リハビリテーション科

【リハビリテーションとは?】
「リハビリテーション」というと、麻痺を改善させ、手足を良く動くようにするなどの機能的なリハビリテーションのことを思い浮かべることが多いのではないでしょうか。しかし、これはリハビリテーションの手段のうちの一部分でしかありません。

リハビリテーションが本来意味するところは、
「人間らしく生きる権利の回復」、「自分らしく生きること」
「身体的・精神的・社会的にできるかぎり自立した生活が送れるように援助すること」です。

【リハビリテーションの目標・対象】
「実用的な日常生活の実現」をリハビリテーションの目標として、「ひとりでトイレに行って帰ってこられるようになる」、「こぼさない でご飯が食べられるようになる」など、その人の実際の生活にあった目標を設定します。

日常生活には、
身辺処理活動 : 寝起き・移動・食事・トイレ・着替え・整容・入浴
生活関連活動 : 買い物・掃除・炊事・洗濯
職業・余暇活動 : 仕事・趣味 
などの活動があります。

人が生活の中で行うことはさまざまですが、すべてがリハビリテーションの対象となりえます。しかし、実際に私たちスタッフが直接援助できるのは、その生活の中でのごく一部(1日に1〜2時間程度)です。そのため、リハビリテーションは、患者様ご自身とご家族、スタッフが協力して行うことが大切です。

当院では、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、入院および外来リハビリテーションを常に1対1の体制で行い、退院後も必要に応じて外来リハビリテーションを継続しています。

小児科

対象疾患

  • 一般小児疾患
  • 小児神経疾患
  • 小児血液疾患
  • 小児心臓疾患
  • 予防接種
  • 健康診断
  • 発達障害

地域の皆様からご要望の多い一般的な疾患(特に急性の呼吸器疾患、消化器疾患)から、開業診療所の先生方からご紹介いただく専門性の高い疾患まで、幅広く診療を行っています。また、重症疾患の入院にも対応しています。
加えて、予防接種や健康診断など健康小児に対するケアを実施しているほか、予約制の専門外来として、発達障害外来を行っています。
国際医療福祉大学病院とも連携を密にしながら、ご安心いただける診療体制を整えています。

泌尿器科

対象疾患

  • 前立腺がん
  • 前立腺肥大症
  • 腎がん
  • 腎盂尿管がん
  • 尿路結石症
  • 膀胱がん
  • 男性生殖器疾患

腎臓、尿管、膀胱、前立腺などの泌尿器・男性生殖器全般の診療を行っています。
最新機器による内視鏡検査や超音波検査を積極的に行うことで、がん等の早期発見、早期診断に努めています。疾患によっては、身体的負担の少ない内視鏡手術も取り入れています。
国際医療福祉大学病院をはじめ他の施設と連携して、患者様に最適な医療を提供いたします。

血管外科

当院血管外科が扱う主な病気は下記の通りです。

  1. 下肢静脈瘤(だるい・つる・色素沈着・うっ滞性皮膚炎)
  2. 閉塞性動脈硬化症(歩くと5分程度でふくらはぎが重くなる)
  3. 腹部大動脈瘤(他の疾患で指摘される・無症状)
  4. 末梢動脈瘤
  5. バージャー病
  6. 人工透析シャント(内シャント造設、シャントPTA(シャント狭窄拡張術))
  7. 深部静脈血栓症(足がはれる)
  8. レイノー症状(冷感など)

  1. 下肢静脈瘤(だるい・つる・色素沈着・うっ滞性皮膚炎)
    • 下肢静脈瘤とは
      足(下肢)の表在静脈の弁が壊れて(静脈弁不全になって)、下肢静脈瘤ができます。女性や立ち仕事の方(調理師さんなど)は起きやすく、長い間かけて起きてくる病気です。急激に症状は悪化しませんが、放置すると皮膚の炎症(湿疹・色素沈着)や潰瘍をおこします。ほっておいてもけっして良くなりません。
    • 下肢静脈瘤のおもな3症状
      1. だるい・むくみ。つる(こむらがえり)−特に、夕方になると、足の症状が強くなる)。足の静脈がぼこぼこしている(下肢静脈瘤)。
      2. かゆみ色素沈着−足の静脈がぼこぼこして、かゆみ色素沈着がある。
      3. きず(潰瘍)+静脈瘤−足の静脈がぼこぼこして、きず(潰瘍)がなかなか治らない。これを繰り返す。
    • 上記の3つのどれかに当てはまる方、下肢静脈瘤でお悩みの方は、血管外科外来へ受診してください。
    • 下肢静脈瘤の診断(検査)
      主にカラードップラー超音波検査やMRI、CT検査を行います。
    • 下肢静脈瘤の治療
      検査(おもに超音波検査)・診察を行って治療法を決めさせていただきます。
      1. 血管内レーザー焼灼術(保険診療)
        • 当院では保険適用となっている「ELVeS 1470」という最新のレーザー機器(波長1470nmレーザー)を用いて保険診療で行っています。また、新しい「Radial 2 ringファイバー」を使用しており、ファイバーの側面からレーザーを照射することで、より均一に血管に照射できるようになり術後の内出血・痛みが激変しました。
        • 静脈麻酔とTLA麻酔(特殊な局所麻酔)を組み合わせて行いますので、寝ているうちに治療が終わります。また、術後歩いて部屋に戻ることが出来ます。
        • 現在、1泊2日ないし日帰り手術(外来手術)で行っています。手術翌日からはシャワー浴、翌々日からは入浴することができます。
      2. 瘤切除
        必要に応じて、1)、2)と同時に行います。
      3. ストリッピング手術(静脈抜去術)(保険診療)
        • 静脈麻酔とTLA麻酔(特殊な局所麻酔)を組み合わせて行います。術後、歩いて部屋に戻ります。現在1泊2日です。手術翌日からはシャワー浴、翌々日からは入浴することができます。
      4. 硬化療法(保険診療)
        外来でおこないます。
      5. 弾性ストッキングによる保存的治療
        • 日中に着用することで症状(足の重さ・だるさなど)は軽くなります。
        • 悪化・再発予防や術後にも着用します。
        • 静脈瘤自体は良くなりません。
  2. 閉塞性動脈硬化症(歩くと5分程度でふくらはぎが重くなる)
    • 歩くと5-10分程度でふくらはぎが重くなり歩きにくくなります。が、数分-5分程度休憩するとまた、同じ距離を歩くことができるのが典型的です(間歇性跛行)。
    • 場合によっては、おしりの筋肉(腰の筋肉)が同じように重くなったりすることがあります。これらは、動脈が狭くなったり・つまったりすることでこの症状が起こります。
    • 喫煙されている方は、禁煙することが大事です。
    検査
    受診後、足の血圧を測定します。CT検査(3DCT)を行い、病気の場所(部位)を確認します。

    治療
    1. 保存的治療(内服)
    2. カテーテルによる治療
      鼠径部に局所麻酔を行い、カテーテルを挿入し、その先端にあるバルーン(風船)で狭いところを広げます。また、ステントといわれる金属でこれを広げて固定してきます。短期の入院で治療を行っております。
    3. 手術
      人工血管や自分の血管(静脈)を使用してバイパス術を行います。
  3. 腹部大動脈瘤(医療機関で指摘される・無症状)
    • 瘤切除・人工血管置換術(開腹手術、後腹膜アプローチ)
    • ステントグラフト
  4. 末梢動脈瘤
  5. バージャー病
    • 難病指定医が常勤しております。
    • 喫煙されている方がほとんどです。禁煙が最も大切です。
    • 50歳未満男性、喫煙歴、四肢や指趾(手足のゆび)の虚血・潰瘍など
  6. 人工透析シャント(内シャント造設、シャントPTA(シャント狭窄拡張術))
    • 内シャント造設
      自分の動脈と静脈をつなぎます。
    • シャントPTA
      シャント血管の狭くなった(狭窄した)所に対してカテーテルを用いて拡張することを行います。
  7. 深部静脈血栓症(足がはれる)
  8. レイノー症状(冷感など)
    とくに秋口から冬にかけて症状が増悪し、暖かくなる春頃症状が軽快します。症状に応じて内服薬を出します。

麻酔科

手術に際して、患者様をあらゆる苦痛(痛み、不安など)から解放し、外科医に良好な手術視野を提供しています。当院の手術室では、患者様の安全のため、さまざまな新世代のモニターや麻酔器を配置しています。また、硬膜外麻酔は最も得意とする手技のひとつであり、術後鎮痛にも積極的に取り組んでいます。麻酔管理・周術期管理によって、患者様の状態が大きく変わる可能性があるため、日々きめ細やかな麻酔管理を心がけています。