診療科のご案内

整形外科

当科では、骨、関節、靱帯、脊椎、脊髄、末梢神経などの運動器疾患とスポーツによる傷害を取り扱っています。特に、外反母趾、リウマチ、脊椎脊髄疾患、股関節や膝関節の人工関節手術、膝関節鏡手術やスポーツ障害などの治療に対して、専門的な見地から診療にあたっています。
外反母趾とは、つま先が細い尖鋭な靴を履くことなどにより、足の親指の付け根から先が圧迫されて変形する症状をいいます。当科では、外科手術など治療による矯正だけでなく、外反母趾になりにくい予防方法の指導も行っています。
リウマチとは、広義な意味では関節の病気のため、炎症・年齢による関節痛もリウマチに含まれます。関節リウマチは原因が不明だったため、長らく不治の病とされてきましたが、近代の医学の進歩により、治療法も進歩しています。
脊椎脊髄疾患の治療で最も重要なことは、手術適応、すなわち最終的手段である手術によって、患者様目線でみて満足のいく治療効果が得られるか否かを判断することです。レントゲン写真やMRI画像の異常所見が本当に患者様の苦痛や障害の原因であるのか、不安感やストレスなどの心因性要因は関与していないのか、検査所見は当然のこと、悩んで来院された患者様自身を、生活環境を含め詳しく診察して評価することが最も重要であると考えています。顕微鏡を用いた低侵襲手術にも積極的に取り組んでいます。
また、当院には理学療法士、作業療法士などのリハビリテーションスタッフが在籍しており、術前・術後のリハビリテーションのみならず、健康増進目的の充実したリハビリテーションにも対応しています。患者様の病態に応じたきめ細やかな内容でご提供していますので、ぜひご利用ください。

対象疾患

  • 外反母趾
  • リウマチ
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎すべり症
  • 腰椎分離症
  • 腰部椎間板ヘルニア
  • スポーツ障害
  • 人工関節手術 等