医師案内(全科)




内科

内海 裕也

内海 裕也
(うつみ・ひろや)
Hiroya Utsumi

副院長
神経内科部長

国際医療福祉大学教授

神経内科(パーキンソン病・神経変性疾患・神経免疫疾患)

東京医科大学卒、医学博士
前社会保険蒲田総合病院院長補佐、元東京医科大学内科学第3講座准教授、元東京医科大学病院神経内科科長、元東京薬科大学大学院客員教授、元スウェーデン王国王立カロリンスカ研究所神経薬理学教室客員研究員、元国立療養所富士病院神経内科医長・重症心身障害児施設長
日本内科学会認定指導医・認定内科医、日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、東京都在宅難病患者訪問診療制度専門医

パーキンソン病を中心とした神経内科領域全般の診療を行う。わかりやすくご説明し、患者様本人の決定権を十分に尊重しつつ、ともに問題点を解決していく治療を心がけている。

山根 建樹

山根 建樹
(やまね・たてき)
Tateki Yamane

消化器内科部長
国際医療福祉大学教授

消化器内科

東京慈恵会医科大学卒、医学博士
前東京慈恵会医科大学附属柏病院消化器・肝臓内科講師
日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本内科学会認定指導医・内科医、日本ヘリコバクター学会認定医

胃がん、大腸がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃食道逆流性炎症、ヘリコバクター・ピロリ菌感染の診療はもとより、上部・下部消化管内視鏡検査も得意とする、消化器疾患のエキスパートである。

梅田 啓

梅田 啓
(うめだ・あきら)
Akira Umeda

呼吸器内科部長
国際医療福祉大学教授

呼吸器内科

慶應義塾大学卒、医学博士
元慶應義塾大学医学部内科学教室呼吸循環器科助手、元国民健康保険団体連合会福生病院内科、元カリフォルニア大学サンフランシスコ校心臓血管研究所ポストドクトラルフェロー、元国立大蔵病院(現成育医療センター)内科総合診療部、元大田原赤十字病院内科・呼吸器科部長
日本内科学会認定指導医・総合内科専門医・内科医、日本呼吸器内視鏡学会認定気管支鏡専門医・指導医、日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医、人間ドック健診情報管理指導士、インフェクションコントロールドクター、日本化学療法学会抗菌化学療法認定医、身体障害者福祉法指定医、日本禁煙学会認定専門指導者、日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医

呼吸器疾患全般を担当しているが、睡眠時無呼吸症候群や禁煙など生活習慣病的な問題点をテーマとして研究している。薬物療法について最新情報の収集を怠らず、また迅速・正確・清潔・安全かつ患者様にやさしい「リアルタイムエコーガイドによる中心静脈栄養カテーテル挿入法」の普及活動を続けている。国際医療福祉大学病院等と連携し、難病の診療も行う。紹介を希望する疾患:アレルギー性肉芽腫性血管炎(チャーグストラウス症候群)などのアレルギー性肺疾患、カルタゲナー症候群を含む原発性線毛機能不全症候群など。

竹内 仁

竹内 仁
(たけうち・じん)
Jin Takeuchi

内科部長(血液)
国際医療福祉大学教授

血液内科

東北大学卒、医学博士
前日本大学医学部血液膠原病内科主任教授
日本血液学会認定指導医・血液専門医、日本臨床腫瘍学会認定暫定指導医、日本内科学会認定指導医・内科医

ほぼ40年にわたって血液疾患、特に血液悪性腫瘍の臨床、研究、教育に携わってきた。急性リンパ性白血病に関しては、日本最大のグループである成人白血病治療共同研究グループ(JALSG)の小委員長として治療計画の立案、作成を担当した。それらの経験を生かし、当院の診療にあたっている。セカンドオピニオン外来にも積極的に取り組んでいる。

岩本 俊彦

岩本 俊彦
(いわもと・としひこ)
Toshihiko Iwamoto

高齢者総合診療科部長
国際医療福祉大学教授

高齢者総合診療科

東京医科大学卒、医学博士
前東京医科大学老年病科主任教授
日本老年医学会認定指導医・認定医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本老年精神医学会認定専門医、日本内科学会認定指導医・内科医

複数の病気を持った高齢の患者様に対して総合的な医療をご提供している。特に、認知症やうつ、手足の麻痺やめまい、ふらつき、腰痛や骨粗鬆症、尿失禁、息切れやむくみなどは高齢の患者様に多く、これらを多角的に診察している。けっして患者様の年齢を理由に諦めることなく、治療やケアに取り組む。患者様の生活の質や生活機能を重んじ、治療やケアを通して自立した生活が送れるようにすることを基本姿勢に、日々の診療にあたっている。

  • ヘルスカードシニアのご案内はこちら
    ヘルスカードシニアとは、海外へ出かける前に自分の病気や薬の情報を、あらかじめかかりつけ医に英語でチェックしてもらっておくものです。言葉の通じない海外で病気になった場合、このカードを提示することで海外の医療機関に有効な情報を提供できます。
稲見 茂信

稲見 茂信
(いなみ・しげのぶ)
Shigenobu Inami

循環器内科部長
国際医療福祉大学准教授

循環器内科

日本医科大学卒、医学博士
元日本医科大学付属病院講師
Cardiovascular Research Foundation, Skirball Center For Cardiovascular Research New York留学
日本心臓血管内視鏡学会認定専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医

循環器疾患全般を担当しているが、特に狭心症、心筋梗塞など冠動脈疾患に対する心臓カテーテル治療を得意とする。血管内超音波、光干渉断層装置、血管内視鏡など血管内画像診断装置を用いて、より正確な血管の状態を把握し、安全で丁寧な心臓カテーテル治療を行っている。

谷口 浩久

谷口 浩久
(たにぐち・ひろひさ)
Hirohisa Taniguchi

循環器内科

金沢大学卒
前国際医療福祉大学三田病院心臓血管センター(循環器内科)、緩和ケア研修修了

これまで、国際医療福祉大学病院、国際医療福祉大学三田病院など地域医療の現場で医療 を行ってきた。初心を忘れず、患者様と同じ目線で診療できるよう心がけている。

梅田 和敬

梅田 和敬
(うめだ・かずたか)
Kazutaka Umeda

循環器内科

東京医科大学卒

初期研修医のときから数か月間、当院で地域医療に携わってきた。初心を忘れず、患者様お一 人おひとりとしっかり向き合うことで、患者様の生活の質(QOL)が向上し、生命予後が改善でき る診療を心がけている。

井上 寧

井上 寧
(いのうえ・やすし)
Yasushi Inoue

内科部長(呼吸器)
国際医療福祉大学准教授

内科(呼吸器)

東京慈恵会医科大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学三田病院呼吸器内科、元東京慈恵会医科大学呼吸器内科助手・病棟長、元富士市立中央病院内科(呼吸器)医長、元虎の門病院内科レジデント
日本内科学会認定指導医・総合内科専門医・内科医、日本呼吸器学会認定指導医・呼吸器
専門医、日本睡眠学会認定医、インフェクションコントロールドクター

これまでびまん性肺疾患や呼吸器感染症などの呼吸器疾患全般の診療を行ってきた。塩谷病院では、主に内科初診を担当している。常に適切な診断と治療を心がけている。

望月 太一

望月 太一
(もちづき・たいち)
Taichi Mochizuki

非常勤
国際医療福祉大学教授

内科(呼吸器)

東京慈恵会医科大学卒、医学博士
国際医療福祉大学三田病院呼吸器内科部長、前国際医療福祉大学塩谷病院内科部 長(呼吸器)、元東京慈恵会医科大学呼吸器内科講師、元東京慈恵会医科大学呼吸 器内科外来医長、元国立国際医療センター地域保健研究室流動研究員
日本呼吸器学会認定指導医・呼吸器専門医、日本内科学会認定指導医・総合内科専 門医、日本アレルギ−学会認定アレルギー専門医、日本睡眠学会認定医、日本医師会 認定産業医

膠原病に伴う肺疾患、睡眠呼吸障害を中心に診療を行ってきたが、近年呼吸器疾患において 重要な位置を占める慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診察など幅広い診療を行う。エビデンスに 基づいた、患者様の社会的背景も十分考慮した診療を心がけ、信頼関係を築いている。

井上 寧

上田 竜大
(うえだ・りゅうた)
Ryuta Ueda

非常勤

内科(呼吸器)

東京大学卒
国際医療福祉大学三田病院呼吸器内科、前国際医療福祉大学塩谷病院内科
日本内科学会認定内科医、緩和ケア研修修了

内科疾患全般の治療を担当しており、最新・最良の医療の提供、実践に努めている。

家入 蒼生夫

家入 蒼生夫
(いえいり・たみお)
Tamio Ieiri

非常勤

内分泌代謝内科

獨協医科大学名誉教授
群馬大学卒、同大学院修了、医学博士
前獨協医科大学臨床検査医学教授、元獨協医科大学内分泌内科助教授、元ミシガン州立大学生理学研究員
日本内分泌学会認定内分泌代謝科専門医、日本甲状腺学会認定指導医、日本糖尿病学会認定糖尿病専門医、日本内科学会認定内科医

群馬大学で内分泌学を専攻、ホルモン調節について研究した。その後、獨協医科大で臨床内分泌学を学び、臨床検査医学分野の第一人者となる。臨床面においても、内分泌代謝分野の治療経験も豊富である。

田中 千絵

田中 千絵
(たなか・ちえ)
Chie Tanaka

非常勤

内科(総合内科)

聖マリアンナ医科大学卒
前国際医療福祉大学病院予防医学センター、元聖マリアンナ医科大学総合診療内科講師
日本医師会認定産業医

これまで、日常的に多くみられる内科疾患の診療や、生活習慣病の継続的な治療に携わってきた。常にわかりやすく丁寧な説明を心がけ、患者様の健康上の不安や悩みを気軽にご相談いただけるよう努力している。

ページトップへ戻る

小児科

江口 光興

江口 光興
(えぐち・みつおき)
Mitsuoki Eguchi 

名誉院長
(国際医療福祉大学塩谷看護専門学校 学校長)

国際医療福祉大学教授

小児科

獨協医科大学名誉教授
信州大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学塩谷病院病院長、元獨協医科大学小児科教授、元獨協医科大学教務部長
元獨協医科大学総合周産期母子医療センター長
日本小児科学会認定小児科専門医

呼吸器感染症、胃腸炎などの一般的な小児科領域の疾患はもとより、専門的には小児血液疾患、小児神経疾患などの診療を行っている。また、塩谷看護専門学校学校長を務め、「チーム医療・チームケア」を実践する看護師の養成にも力を入れている。

江口名誉院長の絵本「チーコのくれた宝物−こねこの物語−」のご紹介
中村 光次

中村 光次
(なかむら・こうじ)
Koji Nakamura 

小児科医長

小児科

秋田大学卒
前JA栃木厚生連塩谷総合病院小児科医長
日本小児科学会認定小児科専門医

JA塩谷総合病院時代から小児科医長として小児科領域の診療に尽力、地域の小児科医と協力して小児救急を含めてリードしてきた。現在も地元医師会が行っている「休日夜間こども診療室」に積極的に協力するなど、地域に根ざした小児科医である。

嶋岡 鋼

嶋岡 鋼
(しまおか・はがね)
Hagane Shimaoka

小児科医長
国際医療福祉大学講師

小児科

獨協医科大学卒
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法講習会インストラクター
前国際医療福祉大学病院NICU部長、元獨協医科大学病院小児科

「人間的で楽しい小児科」をモットーに、お子さんの気持ちやご家族の気持ちを大切にして、距離感を感じさせないフレンドリーな医師であるよう日々心がけ、診療を行っている。「地域社会に小児科医がどのように参加するか」ということが非常に大切と考えている。また、救急救命医療にも積極的に取り組んでいる。

ページトップへ戻る

外科・消化器外科

一瀬 雅典

一瀬 雅典
(いちのせ・まさのり)
Masanori Ichinose

副院長

消化器外科

千葉大学卒、医学博士
前JA栃木厚生連塩谷総合病院外科部長、前JA栃木厚生連塩谷総合病院副院長
日本外科学会認定外科専門医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医

肝胆膵領域の外科治療が専門であり、特に胆石や胆道・膵臓腫瘍の治療を得意とする。また、消化器内視鏡治療はもう一つの専門であり、早期がんに対する内視鏡治療(ESD、EMR)や胆管結石の内視鏡的治療に卓越した技術を有する。こうした専門性と誠心誠意の医療を通じて、地域の皆様の健康維持と地域医療の発展のために日々努力している。

嶋尾 仁

嶋尾 仁
(しまお・ひとし)
Hitoshi Shimao

副院長
予防医学センター長

国際医療福祉大学教授

消化器外科

北里大学卒、医学博士
元ブラウンシュバイク市立病院外科、元北里大学医学部外科助教授
日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医、日本外科学会認定外科専門医

消化器外科全般の診療および内視鏡治療、特に内視鏡的胃ろう造設術(PEG)を通して、嚥下障害の患者様の栄養摂取をサポートしている。また、地域の病院や診療所の先生方との医療連携を深め、円滑な関係を構築している。

深澤 公朗

深澤 公朗
(ふかさわ・きみあき)
Kimiaki Fukasawa

外科部長

消化器外科

島根医科大学卒、医学博士
前JA栃木厚生連塩谷総合病院胃腸科外科部長、元島根医科大学第二外科助手
日本外科学会認定外科専門医、日本消化器外科学会認定医、インフェクションコントロールドクター、日本医師会認定産業医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医

消化器疾患全般を担当しているが、なかでも大腸や小腸など腸管の病気を得意としている。また、地域の患者様はもとより、地域医師会の先生方とも連携し、地域医療充実のため精力的に活動している。

小倉 由起子

小倉 由起子
(おぐら・ゆきこ)
Yukiko Ogura

消化器外科

福井大学卒、医学博士
前千葉大学大学院医学研究院先端応用外科
日本外科学会認定外科専門医

消化器外科全般を診療し、患者様の立場に寄り添った診療を心がけている。外科手術はも ちろん、大学病院では消化管内視鏡検査・治療にも従事していた。患者様にとって、苦痛の ない検査、わかりやすい説明を常に心がけている。日々勉強を怠らず成長しながら、地域の 皆様に信頼していただけるような温かい医療をご提供し、また、女性ならではの困っていること (恥ずかしいと思うことなど)もお気軽にご相談いただきたいと考えている。

水町 遼矢

水町 遼矢
(みずまち・りょうや)
Ryoya Mizumachi

消化器外科

千葉大学卒
前千葉大学医学部附属病院食道・胃腸外科

消化器外科全般を診療している。地域の皆様のお役に立てるよう尽力し、貢献することを志 している。

ページトップへ戻る

整形外科

福井 康之

福井 康之
(ふくい・やすゆき)
Yasuyuki Fukui

病院長
国際医療福祉大学教授

整形外科<脊椎疾患(腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、頚椎症性脊髄症など)>

慶應義塾大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学三田病院副院長
米国University of Vermont 留学、米国San Diego Center for Spinal Disorders 留学
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医、日本整形外科学会認定整形外 科専門医・脊椎脊髄病医

脊椎や脊髄の疾患は直接命にかかわることは少ないですが、耐えがたい痛みや麻痺による歩行障害は日常生活上の大きな苦痛や悩みとなります。一方、これらの疾患に対する誤解や風評が多いため、正しい診断と治療が受けられていない現状があります。脊椎疾患の治療では、まず専門医による『正確な診断』のもとに的確な治療法を選択することが重要で、『手術をして治すのではなく、治る患者様を手術する』ことをモットーに治療しています。最終的治療法である手術を受ける際には、心臓疾患や糖尿病などの持病のコントロールや肥満、喫煙などの生活習慣の改善を徹底的に行うことがリスクを減らすうえで極めて重要です。診察結果と治療方針に関しては、患者様のみならずご家族様にも十分な説明を心がけ、信頼関係を構築することが何よりも大切と考えています。

齊藤 聖二

齊藤 聖二
(さいとう・せいじ)
Seiji Saito

副院長
国際医療福祉大学教授

整形外科

慶應義塾大学卒、医学博士
前東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター准教授
Massachusetts General Hospital留学、米国Harvard大学
Rush-Presbyterian-St.Luke's Medical Center、米国Rush医科大学
日本整形外科学会認定整形外科専門医・リウマチ医、日本リウマチ学会認定指導医・認定医

リウマチ性疾患を専門としている。特に、関節内注入療法や関節リウマチ患者に対する人工関節手術を得意としている。最新の医療知識に基づいて、患者様中心の医療を実践していきたいと考えている。

笹生 豊

笹生 豊
(ささお・ゆたか)
Yutaka Sasao

整形外科部長
国際医療福祉大学教授

整形外科

聖マリアンナ医科大学卒、医学博士
前聖マリアンナ医科大学医学部整形外科学講座准教授
日本整形外科学会認定整形外科専門医・スポーツ医・脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病 学会認定指導医、日本側彎症学会認定側彎症指導医

専門は脊椎・脊髄疾患の治療で、特に脊柱変形のスペシャリストである。患者様にわかりや すい説明を心がけ、双方が納得のいく治療をご提供することを念頭に置いて診療にあたっ ている。

菊池 駿介

菊池 駿介
(きくち・しゅんすけ)
Shunsuke Kikuchi

整形外科

慶應義塾大学卒
前那須赤十字病院、元東京都保健医療公社大久保病院、元慶應義塾大学病院、 元JCHO埼玉メディカルセンター

外傷を中心に、整形外科全般の診療に携わっている。質の高い医療をご提供できるよう心がけている。

ページトップへ戻る

脳神経外科

小黒 恵司

小黒 惠司
(おぐろ・けいじ)
Keiji Oguro

副院長
国際医療福祉大学教授

脳神経外科(脳神経外科全般、てんかん、てん かん外科)

旭川医科大学卒、医学博士
前自治医科大学脳神経外科准教授、前自治医科大学中央材料室長、元アルバートア インシュタイン大学神経科学客員講師
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本てんかん学会指導医・専門医

脳卒中、脳腫瘍といった脳神経外科疾患一般に加え、てんかん診療を専門としている。てん かんは社会生活に大きく影響する疾患だが、薬物治療や外科的治療により、劇的に改善する 可能性がある。いずれの疾患に関しても、年齢や社会的背景をふまえ、最適な治療ができるよ う心がけている。

田代 隆

田代 隆
(たしろ・たかし)
Takashi Tashiro

脳神経外科部長

脳神経外科

旭川医科大学卒、医学博士
前JA栃木厚生連塩谷総合病院脳神経外科部長、元社団法人北海道勤医協中央病院脳神経外科部長
日本脳神経外科学会認定脳神経外科専門医、栃木県身体障害者福祉法指定医

脳卒中発症後の手術を含めた入院加療、外来での再発予防とリハビリテーションに重点を置いた診療を実践している。また、頭痛・認知症などの診断や治療にも積極的に対応している。JA塩谷総合病院時代からの長きにわたり、地域医療に取り組んでいる。

ページトップへ戻る

血管外科

地引 政利

地引 政利
(じびき・まさとし)
Masatoshi Jibiki

血管外科・外科部長
国際医療福祉大学准教授

血管外科

信州大学卒、医学博士
前東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究系専攻全人的医療開発講座(血管外科)助教、元東京医科歯科大学医学部附属病院外科系診療科助教、元東京医科歯科大学血管病先進制御学特任准教授、元シドニー大学附属ウェストミード病院外科・血管外科
日本外科学会認定指導医・外科専門医・認定医、日本脈管学会認定脈管専門医、下肢静脈瘤切除血管内レーザー焼灼術実施医・指導医、心臓血管外科専門医認定機構心臓血管外科専門医・修練指導者

血管外科全般(閉塞性動脈硬化症、腹部大動脈瘤、末梢動脈瘤、下肢静脈瘤、レイノー症候群など)を担当し、特に動脈硬化症に対するバイパス術、腹部大動脈瘤手術や静脈瘤手術、レーザー焼灼術を得意とする。さらに、運動療法を取り入れた保存的治療、透析導入のためのシャント術なども行っている。

宮田 哲郎

宮田 哲郎
(みやた・てつろう)
Tetsuro Miyata

非常勤
国際医療福祉大学教授

血管外科(腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、バージャー病、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、リンパ浮腫など血管疾患全般)

東京大学卒、医学博士
山王病院・山王メディカルセンター血管病センター長、前東京大学血管外科病院教授
日本外科学会認定指導医・外科専門医・認定医、心臓血管外科専門医、脈管専門医、日本血管外科学会理事長

社会の高齢化、糖尿病の増加などにより、わが国では閉塞性動脈硬化症、大動脈瘤、静脈血栓塞栓症などの疾患が著しく増加し、さらに下肢静脈瘤、リンパ浮腫などで悩んでいらっしゃる患者様も相変わらず多い状況である。これまで約35年間の、東京大学およびその関連病院で多くの疾患治療に携わってきた経験を生かし、運動療法や薬物治療などの保存治療、血管内治療などの低侵襲治療、そして従来より行われてきた外科治療から、患者様に最適な治療手段を提供したいと考えている。また、患者様のQOL向上のために、積極的に治療を検討している。

服部 緑

服部 緑
(はっとり・みどり)
Midori Hattori

非常勤

血管外科

秋田大学卒、同大学院修了、医学博士
元秋田県成人病医療センター、元JA栃木厚生連塩谷総合病院血管外科・地域医療福祉部長
日本人間ドック学会認定人間ドック専門医・認定医・人間ドック健診情報管理指導士、日本胸部外科学会認定医、日本医師会認定産業医

循環器内科と血管外科(主に下肢静脈瘤)の外来診療を非常勤で担当している。また、人間ドックに関しては単に診療するにとどまらず、患者様への精神的なケアまで的確にフォローしている。

ページトップへ戻る

泌尿器科

福ア 篤

福ア 篤
(ふくざき・あつし)
Atsushi Fukuzaki

泌尿器科上席部長
国際医療福祉大学教授

泌尿器科

東北大学卒、医学博士
前東北厚生年金病院副院長、元ワシントン大学医学部腎臓学教室研修員、元東北大学医学部泌尿器科講師
日本泌尿器科学会認定指導医、日本腎臓学会認定腎臓専門医、日本透析医学会認定医、日本医師会認定産業医

最新の内視鏡や超音波などの医療機器を用いて、腎臓、尿管、膀胱や前立腺などの泌尿器・男性生殖器全般の診療を行う。夜尿症など小児の泌尿器疾患の診療も行っている。

ページトップへ戻る

眼科

上田 昌弘

上田 昌弘
(うえだ・まさひろ)
Masahiro Ueda

眼科部長

眼科

千葉大学卒、医学博士
前JA栃木厚生連塩谷総合病院眼科部長
日本眼科学会認定眼科専門医

丁寧な診察とわかりやすい説明を心がけ、眼科全般の診療にあたっている。手術は白内障がほとんどで、患者様には必ず入院していただき実施している。JA塩谷総合病院時代より培った経験を生かし、多様化する眼疾患の治療に取り組んでいる。

ページトップへ戻る

耳鼻咽喉科

生野 登

生野 登
(しょうの・のぼる)
Noboru Shono

耳鼻咽喉科医長

耳鼻咽喉科

獨協医科大学卒
獨協医科大学耳鼻咽喉・頭頸部外科学助教、前JA栃木厚生連塩谷総合病院耳鼻咽喉科医長
日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医・補聴器相談医、日本気管食道科学会認定気管食道科専門医

中耳炎、鼻のアレルギーや副鼻腔炎、声帯炎、耳の疾患が原因で起こるめまいなどの耳鼻咽喉科疾患の診断と治療を行っている。専門は音声である。

ページトップへ戻る

麻酔科

加藤 正人

加藤 正人
(かとう・まさと)
Masato kato

麻酔科部長
国際医療福祉大学教授

麻酔科

東北大学名誉教授
東北大学卒、医学博士
前東北大学大学院医学系研究科麻酔科学周術期医学分野教授
前東北大学大学院医学系研究科麻酔・救急医学分野教授
日本麻酔科学会認定麻酔科専門医、厚生労働省認定麻酔科標榜医

全身麻酔下による手術症例では単なる麻酔管理にとどまらず、周術期(入院、麻酔、手術、回復といった術中だけでなくその後の期間を含めた一連の期間)の管理と長期予後への影響に造詣が深い。こうした一連の研究は、国内で高い評価を受けている。

輪嶋 善一郎

輪嶋 善一郎
(わじま・ぜんいちろう)
Zenichiro Wajima

国際医療福祉大学教授

麻酔科

日本医科大学卒、同大学院修了、医学博士
元日本医科大学千葉北総病院講師・医局長
日本麻酔科学会認定指導医、日本ペインクリニック学会認定医、厚生労働省認定麻酔科標榜医

手術による痛みや不安から患者様を守るために、最新鋭の麻酔機器やモニターを配備し、常に安全確保を第一に麻酔管理を行っている。また、硬膜外麻酔は最も得意とする手技の一つであり、術後鎮痛にも積極的に取り組んでいる。

ページトップへ戻る

検査部

倉田 毅

倉田 毅
(くらた・たけし)
Takeshi Kurata

中央検査部長
感染症統括責任者

国際医療福祉大学教授

検査部

信州大学卒、同大学院修了、医学博士
前富山県衛生研究所所長、元国立感染症研究所所長・感染病理部長、元大阪大学微生物病研究所教授、元WHOバイオセーフティ専門委員、元WHO生物製剤標準化委員会委員
日本病理学会認定病理認定医、インフェクションコントロールドクター、厚生労働省認定死体解剖資格

ウイルス感染症の病理学を専門としている。ワクチン学やバイオセーフティ(病原体の安全管理)の研究でも著名であり、わが国のこうした分野の研究をリードしてきた一人である。

ページトップへ戻る