医師案内(全科)


内科

内海 裕也

内海 裕也
(うつみ・ひろや)
Hiroya Utsumi

副院長
神経内科部長

国際医療福祉大学 医学部教授

神経内科(パーキンソン病・神経変性疾患・神経免疫疾患)

東京医科大学卒、医学博士
前社会保険蒲田総合病院院長補佐、元東京医科大学内科学第3講座准教授、元東京医科大学病院神経内科科長、元東京薬科大学大学院客員教授、元スウェーデン王国王立カロリンスカ研究所神経薬理学教室客員研究員、元国立療養所富士病院神経内科医長・重症心身障害児施設長
日本内科学会認定指導医・内科医、日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、東京都在宅難病患者訪問診療制度専門医

パーキンソン病を中心とした神経内科領域全般の診療を行う。わかりやすくご説明し、患者様本人の決定権を十分に尊重しつつ、ともに問題点を解決していく治療を心がけている。

中嶋 秀樹

中嶋 秀樹
(なかじま・ひでき)
Hideki Nakajima

非常勤

国際医療福祉大学 病院講師

神経内科(神経免疫学、その他神経内科全般)

長崎大学卒、医学博士
国際医療福祉大学三田病院神経内科
前順天堂大学医学部アトピー疾患研究センター(免疫学)ポストドクター、元長崎大学病院第一内科脳神経内科助教・救命救急センター助教
日本神経学会認定指導医・神経内科専門医、日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、厚生労働省認定臨床研修医指導医、医学系OSCE認定評価者、難病指定医

神経疾患全般を診療している。診療の質の向上をめざし、日々最善を尽くすよう努めている。また、若手の育成にも力を注ぎたいと考えている。

山根 建樹

山根 建樹
(やまね・たてき)
Tateki Yamane

消化器内科部長
国際医療福祉大学 病院教授

消化器内科

東京慈恵会医科大学卒、医学博士
前東京慈恵会医科大学附属柏病院消化器・肝臓内科講師
日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本内科学会認定指導医・総合内科専門医

胃がん、大腸がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃食道逆流性炎症、ヘリコバクター・ピロリ菌感染の診療はもとより、上部・下部消化管内視鏡検査も得意とする、消化器疾患のエキスパートである。

大竹 孝明

大竹 孝明
(おおたけ・たかあき)
Takaaki Otake

非常勤

国際医療福祉大学 医学部教授

消化器内科

旭川医科大学卒、医学博士
国際医療福祉大学病院副院長・消化器内科上席部長
前旭川医科大学臨床消化器・肝臓学診療連携講座特任教授
日本消化器病学会認定指導医・消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医、日本肝臓学会認定指導医・肝臓専門医、日本内科学会認定内科医

肝臓病を中心に、消化器疾患全般の診療について、消化器二次検診、消化器救急、消化器がんの診断・治療、慢性期リハビリテーションおよび緩和・ターミナルケアを関連部署と連携して行っている。また、主に肝疾患に関する啓蒙活動、患者様・ご家族への情報提供活動、円滑な地域医療提携実現のための活動も行っている。

梅田 啓

梅田 啓
(うめだ・あきら)
Akira Umeda

呼吸器内科部長
国際医療福祉大学 医学部教授

呼吸器内科

禁煙外来のご案内

慶應義塾大学卒、医学博士
元慶應義塾大学医学部内科学教室呼吸循環器科助手、元国民健康保険団体連合会福生病院内科、元カリフォルニア大学サンフランシスコ校心臓血管研究所ポストドクトラルフェロー、元国立大蔵病院(現成育医療センター)内科総合診療部、元大田原赤十字病院内科・呼吸器科部長
日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、日本呼吸器内視鏡学会認定気管支鏡専門医・指導医、日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医、人間ドック健診情報管理指導士、インフェクションコントロールドクター、日本化学療法学会抗菌化学療法認定医、身体障害者福祉法指定医、日本禁煙学会認定専門指導者、日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医

呼吸器疾患全般を担当しているが、睡眠時無呼吸症候群や禁煙など生活習慣病的な問題点をテーマとして
研究している。薬物療法について最新情報の収集を怠らず、また迅速・正確・清潔・安全かつ患者様にやさしい「リアルタイムエコーガイドによる中心静脈栄養カテーテル挿入法」の普及活動を続けている。国際医療福祉大学病院等と連携し、難病の診療も行う。紹介を希望する疾患:アレルギー性肉芽腫性血管炎(チャーグストラウス症候群)などのアレルギー性肺疾患、カルタゲナー症候群を含む原発性線毛機能不全症候群など。

津島 健司

津島 健司
(つしま・けんじ)
kenji Tsushima

非常勤

国際医療福祉大学 医学部
呼吸器内科学主任教授

呼吸器内科(急性期肺疾患、びまん性肺疾患)

信州大学卒、医学博士
国際医療福祉大学市川病院呼吸器内科
千葉大学大学院医学研究院呼吸器内科学特任教授
元千曲中央病院呼吸器内科部長、元信州大学医学部附属病院呼吸器・感染症内科統括医長・安全管理室副室長
日本呼吸器学会認定指導医・呼吸器専門医、日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、日本呼吸器内視鏡学会認定気管支鏡専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本医師会認定産業医

これまで急性呼吸器疾患を中心に、臨床に従事してきた。慢性呼吸器疾患も含めて、内科全般に対応している。免疫、アレルギー、感染、腫瘍、循環障害などの知識を統合して、地域の皆様の医療に従事したいと考えている。

稲見 茂信

稲見 茂信
(いなみ・しげのぶ)
Shigenobu Inami

循環器内科部長
国際医療福祉大学 医学部准教授

循環器内科

日本医科大学卒、医学博士
元日本医科大学付属病院講師
Cardiovascular Research Foundation, Skirball Center For Cardiovascular Research New York留学
日本心臓血管内視鏡学会専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医

循環器疾患全般を担当しているが、特に狭心症、心筋梗塞など冠動脈疾患に対する心臓カテーテル治療を得意とする。血管内超音波、光干渉断層装置、血管内視鏡など血管内画像診断装置を用いて、より正確な血管の状態を把握し、安全で丁寧な心臓カテーテル治療を行っている。

市来 智子

市来 智子
(いちき・ともこ)
Tomoko Ichiki

循環器内科医長
国際医療福祉大学 医学部講師
循環器内科

香川大学卒、医学博士
前米国メイヨー・クリニック内科准教授・循環器科アソシエイトコンサルタント
日本循環器学会認定循環器専門医、日本内科学会認定内科医

アメリカで循環器、特に心不全における基礎臨床研究に従事した経験を持つ。循環器全般を担当するが、患者様と真摯に向き合い、最新の医療情報を取り入れながら、より良い未来を目指した医療を行っていきたいと考えている。

山田 健太

山田 健太
(やまだ・けんた)
Kenta Yamada

循環器内科

日本医科大学卒
前国際医療福祉大学三田病院心臓血管センター(循環器内科)

循環器全般を担当している。これまでの研修医勤務時において、お一人おひとりに寄り添い、丁寧な診療を心がけることが最善の治療であることを学んできた。日々技術の向上に努めるだけでなく、常に患者様を第一に考え、親身になってしっかりと向き合った診療を行っている。

河村 朗夫

河村 朗夫
(かわむら・あきお)
Akio Kawamura

非常勤

国際医療福祉大学 医学部循環器内科学
主任教授

循環器内科〈心血管インターベンション(冠動脈疾患、成人先天性心疾患、卵円孔開存、弁膜症(僧帽弁狭窄、弁置換術後弁周囲逆流など))〉

慶應義塾大学卒、医学博士
国際医療福祉大学三田病院心臓血管センター(循環器内科)
前防衛医科大学校循環器内科准教授、元慶應義塾大学医学部循環器内科専任講師、元米国マサチューセッツ州Lahey clinic心血管インターベンション臨床フェロー
日本循環器学会認定循環器専門医、日本内科学会認定内科医、日本心血管インターベンション治療学会認定名誉専門医

アメリカ・ボリビア・ベトナムなど、海外での医療活動に従事した経験をもつ。病を治すため全力を尽くし、痛みや苦しみが少しでも和らぐよう最善を尽くすよう心がけている。

福田 浩二

福田 浩二
(ふくだ・こうじ)
Koji Fukuda

非常勤

国際医療福祉大学 医学部准教授
循環器内科

不整脈外来のご案内

東北大学卒、医学博士
国際医療福祉大学病院 ハートリズム科部長
前東北大学循環器内科講師、ヴァンダービルト大学麻酔科学留学
日本内科学会認定総合内科専門医、日本循環器学会認定循環器専門医、日本不整脈心電学会認定不整脈専門医

不整脈疾患の治療を専門としている。心房細動を含めた頻脈性不整脈に対するカテーテルアブレーション、突然死に関わる致死的不整脈への植込み型除細動器、徐脈的不整脈に対するペースメーカー治療、さらに重症心不全に対する両心室ペーシング治療まで、あらゆる循環器リズム疾患に対応し、栃木県県北地域の患者様へ最適な不整脈治療をお届けしたいと考えている。

兼光 伯法

兼光 伯法
(かねみつ・ひろのり)
Hironori Kanemitsu

非常勤

国際医療福祉大学 病院准教授
循環器内科

自治医科大学卒
国際医療福祉大学病院循環器内科医長
前自治医科大学循環器内科助手

虚血性心疾患である狭心症や心筋梗塞および冠動脈疾患が専門である。当院においては、その専門性を生かしながらも救急心疾患をはじめ、循環器疾患全般の診療にも幅広く対応し、地域医療に貢献している。

岩本 俊彦

岩本 俊彦
(いわもと・としひこ)
Toshihiko Iwamoto

高齢者総合診療科部長
塩谷看護専門学校 学校長

国際医療福祉大学 医学部教授

高齢者総合診療科

東京医科大学卒、医学博士
前東京医科大学老年病科主任教授
日本老年医学会認定指導医・認定医、日本脳卒中学会認定脳卒中専門医、日本神経学会認定神経内科専門医、日本老年精神医学会認定専門医、日本内科学会認定指導医・内科医

複数の病気を持った高齢の患者様に対して総合的な医療をご提供している。特に、認知症やうつ、手足の麻痺やめまい、ふらつき、腰痛や骨粗鬆症、尿失禁、息切れやむくみなどは高齢の患者様に多く、これらを多角的に診察している。決して患者様の年齢を理由に諦めることなく、患者様の生活の質や生活機能を重んじ、治療やケアを通して自立した生活が送れるようにすることを基本姿勢に、日々の診療にあたっている。

  • ヘルスカードシニアのご案内はこちら
    ヘルスカードシニアとは、海外へ出かける前に自分の病気や薬の情報を、あらかじめかかりつけ医に英語でチェックしてもらっておくものです。言葉の通じない海外で病気になった場合、このカードを提示することで海外の医療機関に有効な情報を提供できます。
北 嘉昭

北 嘉昭
(きた・よしあき)
Yoshiaki Kita

総合診療科部長
国際医療福祉大学 医学部教授

総合内科

奈良県立医科大学卒、医学博士(大阪大学)
前東京都教職員互助会三楽病院総合内科科長、元東京ミッドタウンクリニック診療部長、元東京慈恵会医科大学外科講師、元東京大学人工臓器・移植外科助手、元ピッツバーグ大学移植外科研究員
日本プライマリ・ケア連合学会指導医・認定医、日本人間ドック学会人間ドック健診指導医・専門医、日本消化器病学会専門医、日本大腸肛門病学会認定指導医・専門医、日本肝臓学会認定肝臓専門医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医、日本病院総合診療医学会認定医、日本消化器がん検診学会認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本外科学会認定登録医、日本消化器外科学会認定登録医

消化器疾患を専門としており、最近では総合診療と予防医学に力を入れている。患者様の約9割がプライマリ・ケア(総合診療)の対象であることを考えると、総合内科部門の役割は大変重要である。診療に関しては迅速に診察し、患者様への説明もわかりやすく、端的にするよう心がけている。

遠藤 史郎

遠藤 史郎
(えんどう・しろう)
Shiro Endo

感染制御部長
国際医療福祉大学 病院教授

内科(感染制御・臨床微生物学・感染症診療)

自治医科大学卒、東北大学大学院修了、医学博士
奈良県立医科大学医学部非常勤講師、東北大学医学部非常勤講師
前東北大学病院特命教授・感染管理室室長・検査部副部長・材料部副部長・総合感染症科医局長・検査部医局長、前東北大学大学院医学系研究科感染制御・検査診断学分野研究担当主任・元同分野教育担当主任
日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、日本感染症学会認定指導医・感染症専門医、日本化学療法学会抗菌化学療法指導医、厚生労働省認定臨床研修指導医、日本臨床微生物学会微生物認定医、ICD制度協議会認定インフェクションコントロールドクター

病院内の感染制御のみならず、地域全体の感染制御を中心に診療を行ってきた。「One Health」的なアプローチを含め、地域全体を考慮した感染制御・感染症診療を心がけている。

山内 恵史

山内 恵史
(やまうち・けいし)
Keishi Yamauchi

糖尿病内分泌代謝内科部長
国際医療福祉大学 病院教授

糖尿病内分泌代謝内科

信州大学卒、同大学院修了、医学博士
信州大学医学部臨床非常勤教授
前JA長野厚生連南長野医療センター篠ノ井総合病院副院長、元相澤病院糖尿病センター長、元アイオワ大学リサーチフェロー、元ルイジアナ州立大学リサーチフェロー
日本内科学会認定総合内科専門医、日本糖尿病学会認定指導医・糖尿病専門医、日本内分泌学会認定指導医・内分泌代謝科専門医、日本老年医学会認定指導医・老年病専門医

糖尿病・脂質異常症などの代謝疾患、甲状腺などの内分泌疾患を専門に幅広く診療している。患者様の病態を考慮し、患者様の望まれる治療–インフォームド・チョイスに心がけている。糖尿病では病態や合併症の状態を把握し、食事・運動療法の実践指導、またインスリンを含めた薬の安全な導入を行い、適切な検査やCGM(持続血糖測定器)などを用いた治療の適正化に努めている。クリティカル・パスによる糖尿病教育入院や地域連携を積極的に導入していく所存である。

家入 蒼生夫

家入 蒼生夫
(いえいり・たみお)
Tamio Ieiri

糖尿病内分泌代謝内科

獨協医科大学名誉教授
群馬大学卒、同大学院修了、医学博士
元獨協医科大学臨床検査医学教授、元獨協医科大学内分泌内科助教授、元ミシガン州立大学生理学研究員
日本内分泌学会認定内分泌代謝科専門医、日本甲状腺学会認定指導医、日本糖尿病学会認定研修指導医・糖尿病専門医、日本内科学会認定内科医

群馬大学で内分泌学を専攻、ホルモン調節について研究した。その後、獨協医科大で臨床内分泌学を学び、 臨床検査医学分野の第一人者となる。臨床面においても、内分泌代謝分野の治療経験も豊富である。

望月 太一

望月 太一
(もちづき・たいち)
Taichi Mochizuki

非常勤

国際医療福祉大学 病院教授

内科(呼吸器)

東京慈恵会医科大学卒、医学博士
国際医療福祉大学三田病院呼吸器内科部長、前国際医療福祉大学塩谷病院内科部長(呼吸器)、元東京慈恵会医科大学呼吸器内科講師、元東京慈恵会医科大学呼吸器内科外来医長、元国立国際医療研究センター地域保健研究室流動研究員
日本呼吸器学会認定指導医・呼吸器専門医、日本内科学会認定指導医・総合内科専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー専門医、日本睡眠学会認定医、日本医師会認定産業医

膠原病に伴う肺疾患、睡眠呼吸障害を中心に診療を行ってきたが、近年呼吸器疾患において重要な位置を占める慢性閉塞性肺疾患(COPD)の診察など幅広い診療を行う。エビデンスに基づいた、患者様の社会的背景も十分考慮した診療を心がけ、信頼関係を築いている。

小児科

嶋岡 鋼

嶋岡 鋼
(しまおか・はがね)
Hagane Shimaoka

小児科副部長
国際医療福祉大学 病院講師

小児科

獨協医科大学卒
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法講習会インストラクター
前国際医療福祉大学病院NICU部長、元獨協医科大学病院小児科

「人間的で楽しい小児科」をモットーに、お子さんの気持ちやご家族の気持ちを大切にして、距離感を感じさせないフレンドリーな医師であるよう日々心がけ、診療を行っている。「地域社会に小児科医がどのように参加するか」ということが非常に大切と考えている。また、救急救命医療にも積極的に取り組んでいる。

中村 光次

中村 光次
(なかむら・こうじ)
Koji Nakamura 

小児科医長

小児科

秋田大学卒
前JA栃木厚生連塩谷総合病院小児科医長
日本小児科学会認定小児科専門医

JA塩谷総合病院時代から小児科医長として小児科領域の診療に尽力、地域の小児科医と協力して小児救急を含めてリードしてきた。現在も地元医師会が行っている「休日夜間こども診療室」に積極的に協力するなど、地域に根ざした小児科医である。

中江 淳

中江 淳
(なかえ・じゅん)
Jun Nakae

非常勤

国際医療福祉大学 医学部教授

小児科(肥満、2型糖尿病)

北海道大学卒、医学博士
前慶応義塾大学医学部医学部特任准教授、元神戸大学大学院医学系研究科COE上級研究員
日本小児科学会認定指導医・小児科専門医

小児全般、特に肥満・糖尿病の児童に対する治療を専門としている。お子様とそのご家族が笑顔で過ごせるように、常に患者様の立場に立った医療を心がけている。

脳神経外科

小黒 恵司

小黒 惠司
(おぐろ・けいじ)
Keiji Oguro

副院長
国際医療福祉大学 医学部教授

脳神経外科(脳神経外科全般、てんかん、てんかん外科)

旭川医科大学卒、医学博士
前自治医科大学脳神経外科准教授、前自治医科大学中央材料室長、元アルバートアインシュタイン大学神経科学客員講師
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、日本てんかん学会指導医・専門医

脳卒中、脳腫瘍といった脳神経外科疾患一般に加え、てんかん診療を専門としている。てんかんは社会生活に大きく影響する疾患だが、薬物治療や外科的治療により、劇的に改善する可能性がある。いずれの疾患に関しても、年齢や社会的背景をふまえ、最適な治療ができるよう心がけている。

田代 隆

田代 隆
(たしろ・たかし)
Takashi Tashiro

脳神経外科部長

脳神経外科

旭川医科大学卒、医学博士
前JA栃木厚生連塩谷総合病院脳神経外科部長、元社団法人北海道勤医協中央病院脳神経外科部長
日本脳神経外科学会認定指導医・脳神経外科専門医、栃木県身体障害者福祉法指定医

脳卒中発症後の手術を含めた入院加療、外来での再発予防とリハビリテーションに重点を置いた診療を実践している。また、頭痛・認知症などの診断や治療にも積極的に対応している。JA塩谷総合病院時代からの長きにわたり、地域医療に取り組んでいる。

整形外科

須田 康文

須田 康文
(すだ・やすのり)
Yasunori Suda

病院長
国際医療福祉大学 医学部教授

整形外科(足の外科、膝関節)

慶應義塾大学卒、医学博士
英国リーズ大学大学院修士課程修了
慶應義塾大学医学部客員教授
前国際医療福祉大学三田病院整形外科部長、元慶應義塾大学病院整形外科診療科副部長、元慶應義塾大学医学部専任講師
日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本体育協会公認スポーツドクター

主に、足の外科、膝関節疾患全般の診断・治療を行う。特に、外反母趾については2,000例を超える手術実績があり、本疾患に対する手術の効果と限界について熟知している。豊富な経験を踏まえて、日ごろの臨床では患者様の症状だけではなく、生活様式も考慮した治療を行うよう心がけている。

齊藤 聖二

齊藤 聖二
(さいとう・せいじ)
Seiji Saito

国際医療福祉大学 病院教授

整形外科

慶應義塾大学卒、医学博士
前東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター准教授 
Massachusetts General Hospital(米国Harvard大学)留学、
Rush-Presbyterian-St.Luke's Medical Center(米国Rush医科大学)留学
日本整形外科学会認定整形外科専門医・リウマチ医、日本リウマチ学会認定指導医・認定医

リウマチ性疾患を専門としている。特に、関節内注入療法や関節リウマチ患者に対する人工関節手術を得意としている。最新の医療知識に基づいて、患者様中心の医療を実践していきたいと考えている。

榮 利昌

榮 利昌
(さかえ・としあき)
Toshiaki Sakae

整形外科医長
国際医療福祉大学 医学部助教

整形外科(膝関節)

順天堂大学卒
前慶應義塾大学病院助教
日本整形外科学会認定整形外科専門医

これまで多くの3次救急病院で外傷を中心に診療を行い、さらに前職の慶應義塾大学病院で、下肢の人工関節や靭帯再建を重点的に学んできた。今後、それらの経験を当院で生かし、皆様に質のよい医療をご提供していきたいと考えている。

内藤 寧

内藤 寧
(ないとう・やすし)
Yasushi Naito

整形外科

琉球大学卒
前永寿総合病院整形外科専修医

整形外科全般の診療に携わっている。常に患者様の気持ちに寄り添い、丁寧でわかりやす い説明を心がけている。患者様が安心して受診できるよう努めている。

笹生 豊

笹生 豊
(ささお・ゆたか)
Yutaka Sasao

非常勤

国際医療福祉大学 病院教授

整形外科

聖マリアンナ医科大学卒、医学博士
国際医療福祉大学三田病院脊椎脊髄センター、聖マリアンナ医科大学整形外科学講座客員教授
アメリカ国立衛生研究所(NIH)/NIAMS留学、米国カンザス大学医療センター側彎症センター留学
日本整形外科学会認定整形外科専門医・スポーツ医・脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会認定指導医

専門は脊椎・脊髄疾患の治療で、特に脊柱変形のスペシャリストである。患者様にわかりやすい説明を心がけ、双方が納得のいく治療をご提供することを念頭に置いて診療にあたっている。

消化器外科

一瀬 雅典

一瀬 雅典
(いちのせ・まさのり)
Masanori Ichinose

副院長
国際医療福祉大学 医学部准教授

消化器外科

千葉大学卒、医学博士
前JA栃木厚生連塩谷総合病院外科部長、前JA栃木厚生連塩谷総合病院副院長
日本外科学会認定外科専門医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医

肝胆膵領域の外科治療が専門であり、特に胆石や胆道・膵臓腫瘍の治療を得意とする。また、消化器内視鏡治療はもう一つの専門であり、早期がんに対する内視鏡治療(ESD、EMR)や胆管結石の内視鏡的治療に卓越した技術を有する。こうした専門性と誠心誠意の医療を通じて、地域の皆様の健康維持と地域医療の発展のために日々努力している。

嶋尾 仁

嶋尾 仁
(しまお・ひとし)
Hitoshi Shimao

副院長
予防医学センター長

国際医療福祉大学 病院教授

消化器外科

北里大学卒、医学博士
元ブラウンシュバイク市立病院外科、元北里大学医学部外科助教授
日本消化器内視鏡学会認定指導医・消化器内視鏡専門医、日本外科学会認定登録医

消化器外科全般の診療および内視鏡治療、特に内視鏡的胃ろう造設術(PEG)を通して、嚥下障害の患者様の栄養摂取をサポートしている。また、地域の病院や診療所の先生方との医療連携を深め、円滑な関係を構築している。

深澤 公朗

深澤 公朗
(ふかさわ・きみあき)
Kimiaki Fukasawa

外科部長

消化器外科

島根医科大学卒、医学博士
前JA栃木厚生連塩谷総合病院胃腸科外科部長、元島根医科大学第二外科助手
日本外科学会認定外科専門医、日本消化器外科学会認定医、インフェクションコントロールドクター、日本医師会認定産業医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医

消化器疾患全般を担当しているが、なかでも大腸や小腸など腸管の病気を得意としている。また、地域の患者様はもとより、地域医師会の先生方とも連携し、地域医療充実のため精力的に活動している。

藏田 能裕

藏田 能裕
(くらた・よしひろ)
Yoshihiro Kurata

消化器外科医長

消化器外科

千葉大学卒、同大学院修了、医学博士
前日本医療研究開発機構基盤研究事業部バイオバンク課主幹、元千葉大学医学部附属病院
日本外科学会認定外科専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科専門医・消化器がん外科治療認定医

消化器外科全般を担当している。これまで腹部疾患のレントゲン画像診断を中心に研究・診療を行い、救命措置や超音波ガイド下カテーテル挿入の教育も実施してきた。今後もそれらの経験を生かして、患者様に最善の治療をご提供していきたいと考えている。

佐々木 拓馬

佐々木 拓馬
(ささき・たくま)
Takuma Sasaki

消化器外科

獨協医科大学卒
前千葉大学大学院医学研究院先端応用外科非常勤医師

消化器外科全般を担当している。検査から治療まで、熱意を持って患者様に対応できるよう取り組んでいる。日々勉強という姿勢を忘れず、常に患者様に寄り添う医療を目標としている。

血管外科

地引 政利

地引 政利
(じびき・まさとし)
Masatoshi Jibiki

血管外科・外科部長
国際医療福祉大学 病院准教授

血管外科

信州大学卒、医学博士
前東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究系専攻全人的医療開発講座(血管外科)助教、元東京医科歯科大学医学部附属病院外科系診療科助教、元東京医科歯科大学血管病先進制御学特任准教授
元シドニー大学附属ウェストミード病院外科・血管外科日本外科学会認定指導医・外科専門医、日本脈管学会認定脈管専門医、下肢静脈瘤切除血管内レーザー焼灼術実施医・指導医、心臓血管外科専門医認定機構心臓血管外科専門医、日本ステントグラフト実施基準管理委員会認定腹部ステントグラフト実施医、日本医師会認定産業医

血管外科全般(閉塞性動脈硬化症、腹部大動脈瘤、末梢動脈瘤、下肢静脈瘤、レイノー症候群など)を担当し、特に動脈硬化症に対するバイパス術、腹部大動脈瘤手術や静脈瘤手術、レーザー焼灼術を得意とする。さらに、運動療法を取り入れた保存的治療、透析導入のためのシャント術なども行っている。

宮田 哲郎

宮田 哲郎
(みやた・てつろう)
Tetsuro Miyata

非常勤
国際医療福祉大学 医学部教授

血管外科(腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、バージャー病、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、リンパ浮腫など血管疾患全般)

東京大学卒、医学博士
山王病院・山王メディカルセンター血管病センター長、前東京大学血管外科病院教授
日本外科学会認定指導医・外科専門医、心臓血管外科専門医、脈管専門医、日本血管外科学会理事長

社会の高齢化、糖尿病の増加などにより、わが国では閉塞性動脈硬化症、大動脈瘤、静脈血栓塞栓症などの疾患が著しく増加し、さらに下肢静脈瘤、リンパ浮腫などで悩んでいらっしゃる患者様も相変わらず多い状況である。これまで約35年間の、東京大学およびその関連病院で多くの疾患治療に携わってきた経験を生かし、運動療法や薬物治療などの保存治療、血管内治療などの低侵襲治療、そして従来より行われてきた外科治療から、患者様に最適な治療手段を提供したいと考えている。また、患者様のQOL向上のために、積極的に治療を検討している。

服部 緑

服部 緑
(はっとり・みどり)
Midori Hattori

非常勤

血管外科

秋田大学卒、同大学院修了、医学博士
元秋田県成人病医療センター、元JA栃木厚生連塩谷総合病院血管外科・地域医療福祉部長
日本人間ドック学会認定人間ドック専門医・人間ドック健診情報管理指導士、日本胸部外科学会認定医、
日本医師会認定産業医

循環器内科と血管外科(主に下肢静脈瘤)の外来診療を非常勤で担当している。また、人間ドックに関しては単に診療するにとどまらず、患者様への精神的なケアまで的確にフォローしている。

心臓血管外科

地引 政利

仲村 輝也
(なかむら・てるや)
Teruya Nakamura

非常勤
国際医療福祉大学 医学部
心臓外科学主任教授

心臓血管外科

琉球大学卒、医学博士
国際医療福祉大学三田病院心臓血管センター(心臓外科)
前大阪大学医学部心臓血管外科講師、元国立病院機構呉医療センター心臓血管外科科長、元Baylor College of Medicineリサーチフェロー、元LDS Hospitalクリニカルフェロー、元University of Wisconsinスタッフ外科医
日本外科学会認定指導医・外科専門医、日本心臓血管外科学会認定心臓血管外科専門医

米国の医師免許を取得し、多くの手術を経験してきた。心臓を止めない冠動脈バイパス術や小さな傷での弁形成術など、身体に負担の少ない手術を専門としている。また、今後増加の可能性がある高齢者の心不全などのハイリスク症例にも以前から積極的に取り組んできた。患者様お一人おひとりにベストなタイミングでの治療オプションをご提供することを心がけている。

泌尿器科

福ア 篤

福ア 篤
(ふくざき・あつし)
Atsushi Fukuzaki

泌尿器科部長
国際医療福祉大学 病院教授

泌尿器科

東北大学卒、医学博士
前東北厚生年金病院副院長、元ワシントン大学医学部腎臓学教室研修員、元東北大学医学部泌尿器科講師
日本泌尿器科学会認定指導医、日本腎臓学会認定腎臓専門医、日本透析医学会認定医、日本医師会認定産業医

腎臓や尿路、男性生殖器の疾患は、全身疾患や生活習慣病、薬剤の影響などの症状を反映していることが多い。このことを念頭に、最新の知識とエビデンスに基づき、泌尿器科の症状から全身を診ることを心がけ診療を行っている。また、腎臓専門医として、腎臓病の予防や進展防止にも取り組んでいる。

眼科

上田 昌弘

上田 昌弘
(うえだ・まさひろ)
Masahiro Ueda

眼科部長

眼科

千葉大学卒、医学博士
前JA栃木厚生連塩谷総合病院眼科部長
日本眼科学会認定眼科専門医

丁寧な診察とわかりやすい説明を心がけ、眼科全般の診療にあたっている。手術は白内障がほとんどで、患者様には必ず入院していただき実施している。JA塩谷総合病院時代より培った経験を生かし、多様化する眼疾患の治療に取り組んでいる。

耳鼻咽喉科

生野 登

生野 登
(しょうの・のぼる)
Noboru Shono

耳鼻咽喉科医長

耳鼻咽喉科

獨協医科大学卒
獨協医科大学耳鼻咽喉・頭頸部外科学助教
前JA栃木厚生連塩谷総合病院耳鼻咽喉科医長
日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医・補聴器相談医、日本気管食道科学会認定気管食道科専門医

声が嗄れる、声が出にくい、高い声が出ないなど、声の悩みについての専門的診療を行っている。また、中耳炎、突発性難聴、内耳性めまい、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎や術後性上顎?胞、歯性上顎洞炎、末梢性顔面神経麻痺、扁桃炎、咽喉頭炎などの一般的な耳鼻咽喉科疾患の診断と治療を行っている。

皮膚科

谷口 隆志

谷口 隆志
(たにぐち・たかし)
Takashi Taniguchi

非常勤

国際医療福祉大学 医学部講師

皮膚科

東京大学卒、医学博士
国際医療福祉大学病院皮膚科
前東京大学医学部附属病院皮膚科助教
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

患者様お一人おひとりの背景を加味しながら丁寧に診療を行い、重症となりうる皮膚疾患を早期発見するよう努めている。

リハビリテーション科

赤居 正美

赤居 正美
(あかい・まさみ)
Masami Akai

非常勤

国際医療福祉大学大学院 副大学院長
国際医療福祉大学大学院 教授

リハビリテーション科

東京大学卒、医学博士
元国立障害者リハビリテーションセンター病院長、元東京大学医学部附属病院リハビリテーション部副部長、元筑波技術短期大学理学療法学科教授
日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医・臨床医

各科からのリハビリテーション依頼症例につき、治療方針・獲得目標の設定を行い、リハビリテーション処方をチェック、併せてリスク管理も行っている。

太田 喜久夫

太田 喜久夫
(おおた・きくお)
Kikuo Ota

非常勤

国際医療福祉大学 医学部教授

リハビリテーション科

三重大学卒、医学博士
国際医療福祉大学病院リハビリテーション科部長、藤田保健衛生大学大学院保健学研究科客員教授
前藤田保健衛生大学医療科学部リハビリテーション学科教授、元国立長寿医療研究センター老人ケア研究部リハビリテーション研究室長、元厚生連松阪中央総合病院リハビリテーション科医長・部長
日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医・認定臨床医、日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

リハビリテーション医学は「活動の科学」であり、食事、更衣、整容、排泄、入浴、移動(歩行)などの日常生活活動(ADL)や、近年さかんとなってきたスポーツ活動、さらには宇宙空間における活動に至るまで、対象とする「活動」は幅広いものである。また、「活動の制限」を改善させることがリハビリテーションの大きな目標である。リハビリテーション科では、最新の医療技術・機器を駆使して「活動」を再建し、社会参加をすすめられるように支援している。障害を持った人の障害の軽減だけにアプローチするのではなく、その人が持っているすべての能力に着目しながらアプローチすることをモットーとし、診療に携わりたいと考えている。

麻酔科

加藤 正人

加藤 正人
(かとう・まさと)
Masato kato

麻酔科部長
手術部長

国際医療福祉大学 医学部教授

麻酔科

東北大学名誉教授
東北大学卒、医学博士
前東北大学大学院医学系研究科麻酔科学周術期医学分野教授、前東北大学大学院医学系研究科麻酔・救急医学分野教授、元ジョンズ・ホプキンス大学医学部麻酔科客員講師
日本麻酔科学会認定麻酔科専門医、厚生労働省認定麻酔科標榜医

全身麻酔下による手術症例では単なる麻酔管理にとどまらず、周術期(入院、麻酔、手術、回復といった術中だけでなくその後の期間を含めた一連の期間)の管理と長期予後への影響に造詣が深い。こうした一連の研究は、国内で高い評価を受けている。

有山 淳

有山 淳
(ありやま・じゅん)
Jun Ariyama

麻酔科部長
国際医療福祉大学 医学部教授

麻酔科

日本医科大学卒、医学博士
前国際医療福祉大学病院麻酔科副部長
元埼玉医科大学国際医療センター准教授
日本麻酔科学会認定指導医・麻酔科専門医、日本ペインクリニック学会認定医、周術期経食道心エコー認定医、日本心臓血管麻酔学会専門医、厚生労働省認定臨床修練指導医

常に患者様にとって最良の方法を選びながら、手術が安全に行われるよう麻酔の面で支えている。患者様の痛みに対して治療に真摯に向きあうことで、栃木県県北地域の医療に貢献できるよう努めている。

検査部

倉田 毅

倉田 毅
(くらた・たけし)
Takeshi Kurata

中央検査部長
感染症統括責任者

国際医療福祉大学 病院教授

検査部

信州大学卒、同大学院修了、医学博士
前富山県衛生研究所所長、元国立感染症研究所所長・感染病理部長、元大阪大学微生物病研究所教授、元WHOバイオセーフティ専門委員、元WHO生物製剤標準化委員会委員
日本病理学会認定病理認定医、インフェクションコントロールドクター、厚生労働省認定死体解剖資格

ウイルス感染症の病理学を専門としている。ワクチン学やバイオセーフティ(病原体の安全管理)の研究でも著名であり、わが国のこうした分野の研究をリードしてきた一人である。