診療科のご案内

当院の整形外科副部長の藤田順之講師の研究が「世界一を目指す研究開発助成事業」に選ばれました。

2012/07/17

「平成24年度世界一を目指す研究開発助成事業」

この事業は、県内ものづくり産業の振興と人材育成のため、栃木県から「若手研究者研究開発支援基金設置費補助金」の交付を受け、公益財団法人栃木県産業振興センターが創設した「若手研究者研究開発支援基金」を基に運営する助成事業です。


【 研究内容 】
「椎間板変性の分子生物学的メカニズムの解明−有効な腰痛改善薬を目指して−」
〜 概要 〜
腰痛及び腰部脊柱管狭窄症の原因の一つである椎間板変性に対し、分子生物学的な手法を用いて、そのメカニズムの探究を行う。炎症反応が活性化している状態で、標的とする遺伝子を in vitro(細胞レベル)及び in vivo(個体レベル)において knock down(部分欠失)及び knock out(完全欠失)した際に、椎間板細胞及び椎間板組織はどのような表現型を示すか評価する。最終的にはヒト椎間板サンプルにおけるそれらの標的遺伝子の発現を検討することによって、将来の創薬を目指したトランスレーショナルリサーチ(橋渡し研究)を達成する。


ページトップへ戻る