塩谷病院について

運営理念・ご挨拶

5つの運営理念

国際医療福祉大学塩谷病院では5つの運営理念を掲げ、スタッフ一同真心をこめて患者様本位の医療と温かみのあるサービスをご提供いたします。

1.良質な医療をご提供いたします
質の保証は医療において欠くべからざる要素です。当院では、常に最高水準の医療をご提供するよう努力いたします。
2.患者様の権利を尊重いたします
当院は患者様の尊厳とプライバシーを尊重いたします。また、患者様の個人情報を厳守いたします。
3.患者様に十分なご説明をいたします
患者様の健康状態についてできるだけわかりやすく十分な説明を行い、納得のいく治療を受けていただけるよう努力いたします。
4.患者様の選択の自由を尊重いたします
患者様の自己決定権を尊重いたします。十分な情報、知識をご提供し、患者様が保健サービスに関する選択を自由に行えるよう努力いたします。
5.患者様の生活をお守りいたします
安心して治療に専念いただけるようアメニティに配慮し、静かで快適な環境をご用意いたします。

学長ご挨拶

国際医療福祉大学 学長 大友 邦
大友 邦

70年間にわたって地域医療に貢献されてきた栃木県厚生農業協同組合連合会の塩谷総合病院を、2009年4月より国際医療福祉大学塩谷病院として、併設の看護専門学校とともに継承いたしました。国際医療福祉大学は1995年に開学し、病気や障害を持つ人も持たない人も、お互いを認め合って暮らせる「共に生きる社会」の実現をめざしたわが国初の医療福祉の総合大学です。本学は、医療福祉の高度化に伴い、21世紀医療のキーワードでもある「チーム医療・チームケア」の一員として、医療福祉専門職を養成してまいりました。特に臨床実習を重要視し、専門職としての高度な知識や技能の修得のみならず、豊かな人間性を兼ね備えた人材の育成に取り組んでまいりました。
2017年4月、国際医療福祉大学は成田キャンパスに医学部を開設いたしました。医師を養成する部門が備わったことで、学生教育の段階で学科間の垣根を越えた「チーム医療・チームケア」の精神を学ぶことが可能となり、これからの医療に対する社会的ニーズの増大に貢献するとともに、多職種との連携に順応した即戦力となる人材を輩出してまいります。こうしたなか、国際医療福祉大学塩谷病院は、成田キャンパスを加えた本学の学生の臨床実習施設としての機能も強化しながら、「病院が社会に果たすべき責任」にしっかり取り組んでまいります。
今後も地域医療の安定化と地域の皆様にご信頼いただけるよう、那須塩原市の国際医療福祉大学病院をはじめとする多くの関連施設と密接に連携を図りながら、尽力してまいりたいと存じます。今後とも地域の皆様をはじめ、関係各位には倍旧のご支援とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

- プロフィール -

東京大学医学部卒。医学博士。放射線診断専門医としてCT、MRIによる画像診断とカテーテルを用いた血管内治療に従事。
ワシントン大学、ピッツバーグ大学留学後、東京大学大学院医学系研究科放射線医学講座教授。
日本医学放射線学会理事長、第70回・74回日本医学放射線学会総会会長等を歴任後、2016年4月より学長。日本ラジオロジー協会代表理事。東京大学名誉教授。

院長ご挨拶

国際医療福祉大学 塩谷病院 病院長 須田 康文
須田 康文

当院は、急性期から回復期まで、幅広い診療科を有する二次救急輪番病院であり、矢板市を中心とした2市2町の中核病院として着実に発展してまいりました 。現在、240床の病床を運営し、急性期病床150床、回復期リハビリテーション病床46床に加え、療養病床を44床備えております。診療部門では27の診療科を有し、各分野で専門医等による的確な判断と治療をご提供しております。
2017年4月には、外科診察室5部屋、内科診察室3部屋の増築、救急治療室の拡張工事を行い、救急時や時間外での受け入れ体制もさらに充実させました。また増築に併せて新MRI室も建築し、医療の質向上を図るべくMRIやCTも新機種への入れ替えを行いました。さらには、自家発電装置の増設などインフラ整備を進めた結果、2017年4月に栃木県より災害拠点病院の指定を受けることになりました。
健康を維持するためには、病気の予防が極めて重要であり、当院では、予防医学センターを完備し、疾患の早期発見に貢献しております。 医療と併せて介護にも力を注いでおり、拠点となる「しおや総合在宅センター」を2014年4月に開設し、2017年度は通所リハビリテーションの利用者数が過去最高を記録するなど、地域の介護医療の充実にも積極的に取り組んでおります。
さらに、地域の方々が安心して生活を送るためには、医療の充実が大切です。地域医療の一翼を担い、塩谷郡を中心とする地域の皆様の健康を守ることが当院に課せられた責務であると認識しております。市民公開講座をはじめ、地域内の幼稚園や小学校に出向いての手洗い教室の開催、地域の学生の職業体験の積極的な受け入れなどを通して、医療福祉を身近なものとできますよう、地域貢献も進めております。
地域の診療所の先生方と連携しながら、さらなる地域医療の充実に向けて着実に歩みを進めてまいります。今後とも皆様のご指導ご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

- プロフィール -

慶應義塾大学卒、医学博士。
国際医療福祉大学 医学部教授。前国際医療福祉大学三田病院整形外科部長。元慶應義塾大学病院整形外科診療科副部長。日本整形外科学会認定整形外科専門医。日本体育協会公認スポーツドクター。