診療科のご案内

内科

消化器内科

腹痛、胸やけ、吐き気、嘔吐、嚥下困難、下痢、便秘、吐血、下血、黄疸、食欲不振、体重減少などの症状をきたす、消化器系(食道、胃、腸、肝臓、胆嚢、膵臓)の病気について診療を行っています。また、集団検診や健康診断、人間ドックで消化器系の再検査・精密検査を指示された方々にも対応しています。
さらに、消化器外科とも連携し、上部消化管内視鏡(胃カメラ)、大腸内視鏡、腹部超音波検査、腹部CT、MRI検査などの各種検査も行い、常に安全を心がけ、的確な診断と治療を行います。

対象疾患

  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 胃食道逆流性炎症 等

循環器内科

生活習慣の欧米化に伴い、循環器疾患は増加しています。なかでも多いのは、動脈硬化症による病気です。当科では、虚血性心疾患に対して患者様の身体への負担が少ない、心臓カテーテルによる治療を行っています。また発症予防を重視し、原因となる動脈硬化症評価のための検査や、高脂血症・糖尿病予備軍などの検査や治療も実施しています。

対象疾患

  • 高血圧
  • 不整脈
  • 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)
  • 心不全
  • 弁膜症
  • 心筋症
  • 大動脈疾患(大動脈瘤、大動脈解離)
  • 生活習慣病 等

呼吸器内科

非常に種類が多く、発生頻度の高い呼吸器疾患を対象としています。この中でも、慢性咳、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、慢性気管支炎、肺気腫、重症喘息、肺線維症、非結核性抗酸菌症などでは標準的な治療を行っても治療効果が不十分な場合があります。その打開策として、通常の薬剤に加え、患者様の個別性を重視しながら漢方薬を処方しています。
呼吸器疾患の的確な診断と治療、QOL(Quality of Life=生活の質)の改善を心がけた診療を行います。

対象疾患

  • かぜ(普通感冒)
  • インフルエンザ
  • 呼吸不全
  • 急性気管支炎
  • 慢性気管支炎
  • 肺炎
  • 肺結核
  • 気管支喘息
  • 肺気腫
  • 間質性肺炎(肺線維症)
  • 非結核性抗酸菌症
  • 肺がん 等

神経内科

脳、脊髄、末梢神経から筋肉までの病気を扱っています。脳、脊髄は脳神経外科あるいは整形外科とも領域が重なります。脳神経外科や整形外科が手術をして治療するのに対し、神経内科は薬物、リハビリテーションなどを駆使して治療を行います。ただし、外科的な治療が必要と判断とした場合には、各診療科と連携し手術を実施します。
ふらつき、めまい、頭痛、歩行が不自由になった、歩行や動作が遅くなった、手が震える、物覚えが極めて悪くなったなどの症状も、神経内科の病気に深く関係します。このような症状があらわれ、病気がご心配な際は当科にご相談ください。

対象疾患

  • 脳血管障害(脳卒中)
  • パーキンソン病
  • 神経内科疾患全般(脳・脊髄疾患、筋疾患、末梢神経疾患)

糖尿病内分泌代謝内科

糖尿病の患者様が圧倒的に多いことから、糖尿病の教育入院や症状の進展、合併症の予防に力を入れています。医師、看護師、管理栄養士、リハビリテーションスタッフ、薬剤師などがチーム体制で生活機能の改善を念頭に、日々の診療を行っています。

対象疾患

  • 糖尿病
  • 高脂血症
  • 甲状腺疾患

高齢者総合診療科

老化に伴い、複数の疾患を持つ高齢者の方を総合的に診察しています。総合的に診察することにより、病気の見過ごしや診療科間の処方箋重複を防ぎ、患者様やご家族の複数科受診の負担を軽減して、より豊かな生活を送ることができます。
特に、認知症が疑われる方に対してはもの忘れ外来を設置し、治療の一環として生活環境にも目を配り、自立した生活のためにリハビリテーションを含めた生活指導も行っています。
これまで「年のせい」と思って治療をあきらめていた方にも、積極的な受診をお勧めいたします。

総合診療科

総合診療科では、患者様の症状だけでなく、生活習慣やご家族の病歴などさまざまなお話をお聞きし、総合的に診断を行っています。また、心臓や肺などの特定の臓器や専門分野別ではなく、総合診療医が横断的に患者様の身体全体を診療します。
日常的な病気は総合診療科で治療を行うほか、専門的な治療が必要な疾患については、適切な判断で専門の診療科と連携します。また、治療に限らず、健診・人間ドックなどの予防医学においても幅広く診断します。
「何科を受診したらよいかわからない」、「複数の症状がある」などお悩みの方は、当科にご相談ください。