診療科のご案内

整形外科

当科では、骨、関節、靱帯、脊椎、脊髄、末梢神経などの運動器疾患とスポーツによる傷害を取り扱っています。特に、外反母趾、リウマチ、脊椎脊髄疾患、股関節や膝関節の人工関節手術、膝関節鏡手術やスポーツ障害などの治療に対して、専門的な見地から診療にあたっています。
外反母趾とは、つま先が細い尖鋭な靴を履くことなどにより、足の親指の付け根から先が圧迫されて変形する症状をいいます。当科では、外科手術など治療による矯正だけでなく、外反母趾になりにくい予防方法の指導も行っています。
リウマチとは、広義な意味では関節の病気のため、炎症・年齢による関節痛もリウマチに含まれます。関節リウマチは原因が不明だったため、長らく不治の病とされてきましたが、近代の医学の進歩により、治療法も進歩しています。
脊椎脊髄疾患の治療で最も重要なことは、手術適応、すなわち最終的手段である手術によって、患者様目線でみて満足のいく治療効果が得られるか否かを判断することです。レントゲン写真やMRI画像の異常所見が本当に患者様の苦痛や障害の原因であるのか、不安感やストレスなどの心因性要因は関与していないのか、検査所見は当然のこと、悩んで来院された患者様自身を、生活環境を含め詳しく診察して評価することが最も重要であると考えています。顕微鏡を用いた低侵襲手術にも積極的に取り組んでいます。
また、当院には理学療法士、作業療法士などのリハビリテーションスタッフが在籍しており、術前・術後のリハビリテーションのみならず、健康増進目的の充実したリハビリテーションにも対応しています。患者様の病態に応じたきめ細やかな内容でご提供していますので、ぜひご利用ください。

対象疾患

  • 外反母趾
  • リウマチ
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎すべり症
  • 腰椎分離症
  • 腰部椎間板ヘルニア
  • スポーツ障害
  • 人工関節手術 等

骨折リエゾンサービス(通称FLS:Fracture Liaison Service)について

骨折リエゾンサービスとは

1990年代後半に欧州で開始された多職種連携のシステムです。脆弱性骨折患者に対する骨粗鬆症治療開始率および治療継続率を上げるとともに、リハビリテーションの視点から転倒予防の実践により二次骨折を防ぎ、骨折の連鎖を絶つことを使命としています。全国的にも多職種連携の骨折予防チームは注目されており、当院FLSは栃木県県北地域初のチームとして2022年4月1日より運用を開始いたしました。

二次性骨折予防継続管理料

2022年度診療報酬改訂において、大腿骨近位部骨折の患者に対して、関係学会のガイドラインに沿って継続的に骨粗鬆症の評価を行い、必要な治療等を実施した場合の評価として新設されました。
具体的には「骨折リエゾンサービス(FLS)クリニカルスタンダード」及び「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン」に沿った適切な評価及び治療等が実施された場合に算定可能とされています。当院ではFLSクリニカルスタンダートに準拠したプロトコルを作成しており、それに則った評価・治療を行っております。また、院内職員を対象とした「骨粗鬆症に対する知識の共有とFLSの意義について」の研修会を年に1回以上実施しております。

入院時スクリーニングに関して

当院では地域全体の骨折を予防する目的で、すべての入院患者様に対して入院時スクリーニング(ふるい分け)を行っております。以下に該当する場合は骨折のリスクが高いと判断し、FLSチームが介入し骨密度検査を行います。

  • 骨折の既往あり
  • 転倒リスクあり
  • 低栄養リスクあり

骨密度検査によって骨粗鬆症の診断となった場合、患者様の病状を考慮し、入院中もしくは退院後の初回外来にて治療の提案をさせていただきます。

FLSクリニカルスタンダートに基づくプロトコルに関して(医療関係の方へ)

骨粗鬆症の治療開始・継続に漏れが生じないよう、当院ではプロトコルを3種類作成しております。

ご参照いただいたご施設の方におかれましては、当院地域医療連携室(0287-44-2722)にご一報をお願いいたします。
地域全体での骨折予防に取り組む施設として、情報共有ができましたら幸いです。