医師案内

糖尿病・代謝・内分泌内科

山内 恵史

山内 恵史(やまうち・けいし)

Keishi Yamauchi

副院長
糖尿病・代謝・内分泌内科部長

国際医療福祉大学 医学部教授

糖尿病・代謝・内分泌内科

信州大学卒、同大学院修了、医学博士
前JA長野厚生連南長野医療センター篠ノ井総合病院副院長、元相澤病院糖尿病センター長、元アイオワ大学リサーチフェロー、元ルイジアナ州立大学リサーチフェロー
日本内科学会認定総合内科専門医、日本糖尿病学会認定指導医・糖尿病専門医、日本内分泌学会認定指導医・内分泌代謝科専門医、日本老年医学会認定指導医・老年病専門医

糖尿病・脂質異常症などの代謝疾患、甲状腺などの内分泌疾患を専門に幅広く診療している。患者様の病態を考慮し、患者様の望まれる治療–インフォームド・チョイスに心がけている。糖尿病では病態や合併症の状態を把握し、食事・運動療法の実践指導、またインスリンを含めた薬の安全な導入を行い、適切な検査やCGM(持続血糖測定器)などを用いた治療の適正化に努めている。クリティカル・パスによる糖尿病教育入院や地域連携を積極的に導入していく所存である。

家入 蒼生夫

家入 蒼生夫(いえいり・たみお)

Tamio Ieiri

糖尿病・代謝・内分泌内科

獨協医科大学名誉教授
群馬大学卒、同大学院修了、医学博士
元獨協医科大学臨床検査医学教授、元獨協医科大学内分泌内科助教授、元ミシガン州立大学生理学研究員
日本内分泌学会認定内分泌代謝科専門医、日本甲状腺学会認定医、日本糖尿病学会認定研修指導医・糖尿病専門医、日本内科学会認定内科医

群馬大学で内分泌学を専攻、ホルモン調節について研究した。その後、獨協医科大で臨床内分泌学を学び、臨床検査医学分野の第一人者となる。臨床面においても、内分泌代謝分野の治療経験も豊富である。